| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
あそんでワクワク つくってワクワク
回復魔法ってあるじゃないですか。

うんそうROでいうところの「ヒール」

ドラクエでいう「ホイミ」ファイファン(笑)でいう「ケアル」

「ホイミ」っていうのは
「休み」→「休ミ」→「イホミ」→「ホイミ」

っていう語源な説が有力だよね。

「ケアル」はケアかキュアかわかんないけど多分どっちかじゃね?


それでですね

1991年に発売されたファミコンのゲームで

「じゅうべえくえすと」っていうのがあるんですよ。

いわゆるドラクエタイプのRPGなんですが

開発が「貝獣物語シリーズ」で知られるバースデイでしてね。

バースデイ特有の、鬼エンカウント率と戦闘難易度を誇るファミコンRPGを象徴するようなゲーム。

ついでに言うと、ほんとにその時代のゲームか?というほどシナリオが凝っている。

当時のハナタレクリフでは難解すぎてついていけなかったおぼえがあります。

その「じゅうべえくえすと」 回復魔法の名前が



「ほすぴ」


続いて「ほすぴる」「ほすらむ」

仕舞いには「ほすぴいた」にまで進化いたします。

もうね、なんじゃこりゃと。クリフさんの長いゲーム人生のなかで

ホイミの次に出会った回復魔法が「ほすぴいた」ってなんなのかと

補足で説明しますが、他の攻撃呪文なんかは「カエン」「アイス」「イカヅチ」

うんわかりやすい。

で、なぜに「ほすぴいた」

更に補足説明すると、まじでひらがなです。

主人公が最初におぼえる魔法が「ほすぴ」です。


その「ほすぴ」の由来が「ホスピタル」であるということに気付いたのは相当な年月が経ってからでした。






はい。随分前置きが長くなってしまいました。

そこはくりふの「じゅうべえくえすと」への愛だと思ってください。

走・攻・守


うん。画像を見てもどこだかわからない。

これ、溜り場からお船で行けるポートマラヤのダンジョン「ビョンウンゴ病院」です。

最近クリフはここがお気に入り。

ちなみに画像メンバーは

クリフRG(献身アイスがぶ喰い)マー民(ブラギ)はるみ(支援&HL&TU)

はるみの負担がでかい気がするのは気のせいです。


さてここの敵。ちょいと特殊な性質があるのです。

1体の敵を例にとってみます。


ダークプリンスワクワク
ワクワクさんです。

なんかものすごいダークサイドに堕ちてます。


確実に



ダークサイドエンペラーワクワク

これより堕ちてます



さてこのワクワクさん。というか病院の敵全般に言えることですが。

まず、ホーリーライトを叩き込みます。すると・・・・・・・・・


なんということでしょう!


飴玉になっちゃええええええええええ
気持ち悪そうです

実はここの敵、HLを当てると何故か属性が不死になるという特性があるのです。

なので、接敵→HL→TUというコンボが非常に強力。

ネックであるTUのディレイもブラギ(マー民)がいれば余裕のよっちゃん。

ただしこのPT。支援と攻撃が一人にまかせっきりであるため

いまいちバランスがとれてるとは言いがたいのが残念なところ。

もうひとりABがいればかなり安定すると思われます。





ぱぱぱ ぱっぱぱー

ついこの前まで102くらいだったのに108まで上がりました。

せめて130と組めるくらいまではあげたいです。じゃないと献身の意味がネぇ!!!






P.S

最近クリフは地味に忙しいです。

私事で恐縮ですがおそらくINできるのは

昼勤のときのPM8:00~9:30くらいだと思われます。

休みも今後恐らく私事でINできないことが多いかもしれません。

申し訳ありませんが、この場を借りてお詫び申し上げます。
スポンサーサイト

クリフのぼやきTB(0) | CM(1) | top↑
<<キミといる場所がスタートラインさ | Home | 試験もなんにもない>>
comments
ho<こんこん

忙しい中狩りがんばってますね~
私と生活が真逆だからなかなか会えないけど、早起き頑張りますw

私も狭間3と時計↑で暴れてますよ~
またみんなで狩り行きたいですね^^
【2014/02/07 17:28】URL | でぼちん #-[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
このサイト内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と
開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。